2005年02月28日

「スーパーサイズ・ミー」




命がけのドキュメンタリーだ。
監督自ら、30日間、1日3食マックを食べる。
体重は増え、肝機能は低下し、血圧は上昇、心疾患のリスク急増。
人はマックで死ねるんだ。

ファーストフードが危険だということよりも衝撃的だったのは、アメリカの学校給食事情。
提携業者のしたい放題で、栄養のバランスなんてあったもんじゃない。
ビュッフェ形式で、ジュースとクッキーしか取らない女の子もいる。

アメリカ人の(肥満)体型は肉食のせい、というが、そうではない!
食の欧米化が進んだとはいえ、日本の食事はアメリカのそれと比べると、
健康そのもの。
コンビニ食なんて可愛いもんだとさえ思える。
あんなに不健康な食生活、肥満が国民病になるのは当たり前。
コレステロールや血圧が高いのも当たり前。
それを下げるために薬をガンガン飲むのもうなずける。
もしかしたら、食品業界と医薬品業界は結託しているのでは?と疑いたくなる。

観終わったらマックが食べられなくなるだろうな・・・と予想していたが、そうでもない。
(コーラはやめよ、と友達に忠告したが。)
日本に生まれて良かった、というのが一番の感想。

外食は減らして、家でご飯作ろう・・・。


*公式サイト
*楽天レンタルで「スーパーサイズ・ミー」を借りよう


posted by hanabi666 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

「トニー滝谷」




透明感のある、ポートレートのような色合いが素敵。
ネガを順番に横に見ていくように流れる映像が新鮮。
西島秀俊のナレーションも、意外に邪魔にならない。
最近(今さら)、ハルキ・ファンになった私としては、見逃せない作品でした。
(宮沢りえが主演だし。)

孤独感は、孤独でない状況から孤独に戻ったときに感じるもの。
ずっと1人だったトニー滝谷は、孤独ではなかった。
でも、愛する人が目の前から消えてしまって、初めて孤独を感じる。
彼は、独りぼっちに慣れる頃、また孤独を感じなくなるだろうか。

好きな人がいないときは孤独ではないけれど、
好きな人ができて、別れてしまってしばらくの間さみしいのと似ている。
独りが続くと、たいして孤独感は感じないけれど。

愛する人が傍にいる時、いつかいなくなってしまうのではないかと不安を感じる。
でも、しばらくするとそんな不安は消えていく。
ずっと不安を抱いていたなら、突然の別れのショックも少ないのだろうか。
幸せに包まれすぎていると、不意の別れに弱い。

別れも回数を重ねると、衝撃が弱くなる。
トニー滝谷も、次に愛する人と別れるとき、少しはショックが小さいだろうか。
そんな免疫、つけたくてつけるものではないけれど、生きていく上では経験必須。
心身のストレスを軽減するための有効な"予防薬”のように思う。

悔やまれるのは、原作を読んだのが映画化を知った後だったこと。
読んでいる間中、主演の2人の顔がちらついてしまった。


*公式サイト
*楽天レンタルで「トニー滝谷」を借りよう


posted by hanabi666 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

「ハウルの動く城」




我修院達也と神木隆之介の声が絶品です。
我修院さんはすばらしく"火”になりきっていたし、
神木君は大人の声優さんが子役を演じるのに負けないくらい子役にはまっていた。
神木君は"天才子役”と言われているらしいけれど、この作品を観て納得。
ジブリ作品は俳優さんが声優をすることで有名ですが(宮崎監督が声優さんの友達がいないらしい)、最近の作品の中でもこの2人は抜群ではないでしょうか。

生きる目的なんて何も見出せない、ただ漫然と日々を過ごしていた少女が、
元気に生きるようになる。
少女ではなく"老婆”姿ではあるけれど、そのおばあちゃんの元気がいいこと。
将来、あんなおばあちゃんになりたい、と憧れます。
いや、今でもあんなパワフルに生きたい。
パワフルで生きることに喜びを感じている女性は、とても素敵です。
たとえお婆ちゃんだったとしても。

最後の最後に登場した「隣の国(?)の王子様」には、少々唖然としましたが・・・。
この映画は"ギャグ”だったのだろうか?

*公式サイト
*楽天レンタルで「ハウルの動く城」を借りよう


posted by hanabi666 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。