2006年04月23日

「寝ずの番」




監督が監督だけに、
登場人物だけでなく題字も緒方拳書と、豪華な面々。

しかし、文科省推薦のくせしてR15指定とは。
いや、R15指定なのに文科省推薦とは。
まあ、春歌の応酬ですからR15指定は致し方ない。
・・・で、なぜ文科省推薦???

一作の中で3回もお葬式が出るのに、
ぜんぜん悲しくない。
「死人のカンカン踊り」を”実現”してしまったり、
三味線の音に乗って隠語が飛び交ったりと、
ぶっとんだお話なのに、なぜか下品さは感じられない。

熟練といった感じの俳優陣の成せる技だと思います。

中でも注目株は、笹野高史氏ではないでしょうか。
彼の勘違いが発端で物語が進むのですが、
こんなに彼がクローズアップされた作品は観たことがないです。
すごくキーパーソンです。
私の大好きな岸部一徳氏を食って、前半は主役級でした。
中盤で岸部氏も巻き返し、もちろんいい感じでした。

春歌を唄うのが中井貴一と木村佳乃で、
しかも二人とも声がいいから、
思わず聞き入ってしまいます。
公式サイトの予告で視聴(?)できますが、
まだ観ていない人は観てから聴くとより楽しめます。
もちろん、本編も楽しめます。(笑えます)


それにしても、
銀座の劇場は平日の昼間であるにもかかわらず満員でした。
婦人が多いかと思いきや、サラリーマンとおぼしき殿方が大半。
さすがマキノ監督作品とあって、けっこう年配の方も。
会社の重役さんクラスでしょうか。
少し若めのサラリーマン氏は営業の途中でしょう。

とても楽しいお話で、笑いが起きること間違いなしですが、
家族で観るのはちょっと・・・かもです。R15指定だけに。


公式サイト
寝ずの番@映画生活
posted by hanabi666 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

「バイバイ、ママ」




ケヴィン・ベーコン初監督作品とあらば、見逃せまい。
クリント・イーストウッドやメル・ギブソンに勝るとも劣らない才能、
と賞賛されています。
日本でも津川雅彦さんが「マキノ雅彦」として監督した作品が公開され、
俳優さんの監督デビューが続きますね。



親が不仲だと子供の教育に良くない、両親は仲良くあるべきだ、
なんて思っていましたが、
何事も行き過ぎは良くないようです。

この映画の主人公(監督の奥さんだそうです)、
両親が仲が良すぎて自分(子供)に愛情を注がなかったため、
大きくなって子供を産んだら、自分は子供を一番大事にしようと決心します。

何事も、行き過ぎは良くないのに、
子供を愛して愛して愛して、底なしに愛します。

最初のうちは子供も彼女の愛情にこたえますが、
自我が芽生えてくると、世間とのズレを感じ始めます。
近所の同い年の子供はスクールバスで学校に行くのに、
自分はずっとお母さんと一緒に家にいる。
自分も学校に行きたい!

好奇心旺盛な子供としては当然の欲求なのに、
彼女は受け入れられない。
子供は自分が面倒を見る−と学校から連れ出す始末。
第一次子離れ時期に、早くもつまずいてしまいました。
やはり、少女時代に親からの愛情が足りなかったせいで、
精神的に何かが欠落してしまったのでしょう。

自分と同じ孤独は味合わせまいと子供に愛を注いだはいいけれど、
行き過ぎた愛情は子供を駄目にする、ということに気付かなかったようです。

最後は子供が中学生くらい(?)のシーンで締められていました。
一見普通(ややマザコン?)に見えましたが、
彼はどんな親になるのでしょう。
こういうことは親子代々受け継がれそうな気もするので、
また別のヤバイ方向に・・・?

一つ疑問なのは、キーマンとして出てくるサンドラ・ブロック。
彼女の役が何を象徴しているのか、実はよくわからなかったです・・・。



自分自身、親を反面教師にして生きてきた部分もあるので、
意識しすぎると却って良くないのだろうなあ、としみじみ。
次のケヴィン・ベーコン監督作品も観てみたいと思わせる作品でした。
それにしても、久々のアメリカ映画だった。


公式サイト
バイバイ、ママ@映画生活
posted by hanabi666 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

「ルート225」の原作を読んで

映画を観る前に、原作を読むことをオススメしたい。

ほんとの世界とは少しだけずれている世界に迷い込んでしまった事への戸惑い、
両親がいなくなってしまった事への不安、
それらを何とか受け入れようとする気持ちが、
300ページかけてしっかり書かれている。

2時間でまとめてしまった映画は、
良くまとまってはいるけれど、
ちょっとコンパクトにしすぎのような・・・。

映画では、姉弟の関係に重きを置いているように思えた。

ダイゴ(弟)の制服に落書きをした生徒への怒りをぶつけるシーンは
原作にはないものだ。

帰りの遅い姉に向かって「遅くなるなら電話くらいしてよ」と涙目になるダイゴも、
映画ならでは。


原作本も映画も違う色をしているので、どちらも見ることを勧めたいが、
映画だけでは消化不良だった私としては、
「映画の前に原作本」をオススメする。
posted by hanabi666 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。