2006年10月07日

「ゆれる」




見終わった後の余韻がたまりません。

「こまでと見たことのなかった演技」と評されるオダギリジョー、
「背中ひとつで見るものを圧倒する」香川照之、
まさにその通り!

でもこの余韻は彼等の演技だけではなく、
きっと西川監督のオリジナルの脚本あってこそ、ではないでしょうか。
家族の絆を描いた「蛇イチゴ」もなかなか後を引く作品でしたし。
でも「ゆれる」は後を引くどころの話ではないです。

兄は犯罪を犯したのか、それとも事故か?
そこから生まれるさまざまな疑問。

弟と同僚の女性がこれ以上親しくならないように、
吊橋を渡って弟の所へいこうとする彼女を止めようとしたのは本当だろう。
二人の関係に敏感に気づいていたし、
都会で活躍する弟に彼女が惹かれ、自分から離れていく危機も感じたと思う。
では、ゆれる吊橋の上でバランスを崩した彼女を、
支えようとしたのか、突き飛ばしたのか?

計画的犯行ではないにしろ、
一時の感情の昂ぶりから、彼女を突き飛ばしてしまうことは大いに考えられる。
でも、それならなぜ正直に法廷でそう述べないのか。
本当に支えようとしたのか?


弟が兄をかばったのは、人殺しの弟になるのが嫌だからか、
それとも兄への愛からか?
兄の暴言が原因で、兄をかばうことをやめてしまったように見えるが、
あの一瞬でこころがゆれたのだろうか?

現場を目撃したが兄をかばったのか、
本当に見ていなくてただ正直に証言していたのか。
兄の暴言で見ていないものを見たような気になったのか。


なかなか解釈に苦しむ、というか想像力を掻き立てられます。

刑務所を出所した兄の、弟に投げる視線の意味、
今更ながら兄を連れ帰ろうとする弟の感情、
もう、日がたつにたれ謎は深まるばかり。

キム兄の出演も楽しみの一つでしたが、
ちょっとそれはもうどうでも良くなってきました。
だれかこの数々の疑問の答えを教えてください。


「ゆれる」公式サイト
ゆれる@映画生活
posted by hanabi666 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。