2008年07月06日

「崖の上のポニョ」

この夏話題の宮崎アニメ「崖の上のポニョ」、試写会行ってきました!



現代版”人魚姫”といったところでしょうか。
お魚だった女の子が、人間の男の子に恋をして、父親の反対を押し切って
人間の女の子になろうとします。

当然、最後はHappy Endingなのですが、
子どもの成長だけでなく、環境問題もテーマにしている感じです。
(冒頭の地引き網のシーンでいきなり環境問題パンチをくらいます。)

男の子がたくましく成長していく姿ももちろんですが、
とても”子どもらしい”子どもであることに安堵を覚えます。

最近、街頭インタビューなんかで子どもがコメントしているのを聞くと、
なんかコメントが優等生チックで面白くありません。

リポーター:「ハワイは楽しかった?」
子ども:「はい、家族みんなで泳いだりして楽しかったです。」

・・・って、お受験の面接かよ!
子どもなら、もっとはじけてもいいのに!
(「海、楽しかった!」なんて叫びながらピースサインでも出して欲しいと
願うのは私だけでしょうか?)

この映画の男の子は、決して優等生チックではありません。
好きになったお魚の女の子を全身全霊をかけて
”僕が守ってあげる!”と言ってみたり、
ちょっといけすかない(でも彼のことがちょっと好きな)女の子を
軽くあしらったり、
5才にしてはご立派ですが、とても”子どもらしい”んです。
「しめた!」とか「上出来だよ!」とかたまに大人びた言葉遣いをするのが
却って微笑ましい感じです。

なんだか、子どもって一生懸命でいいなー、と思いました。
わたしは子どもの頃、あんなに一生懸命だっただろうか・・・?


「崖の上のポニョ」公式サイト
posted by hanabi666 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111568378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。