2009年07月28日

「縞模様のパジャマの少年」

KICX4506.JPG

衝撃的だ。

見終わった後、椅子に縛り付けられたかのように動くことができなかった。

涙が止まらないような悲しさではない。
でも、スクリーンから目が離せない。


子どもが主演の映画で、かつ戦争ものということで、
泣く準備はしていた。
「ブラス!」と同じ監督だから、
ナチスをテーマにしているとはいえ少しは温かい雰囲気もあるかと思っていた。

どちらも、見事に裏切られた。

自分の目で見る事実と、それとは違う周りの大人からの洗脳の間で苦しむ少年。
でも、最後は自分の目を信じて少年は動きます。

反対に、目の前の事実を見ようとせず、
ナチス政権を信じて疑わない大人たち。
自分たち正義と思い込んでやってきたことが本当に正しかったのか、
少年の行動によって思い知らせれることでしょう。

偏った思想におぼれつつ、もしかしたら薄々、自分がしていることは
間違っているのではないかと感じていたのかもしれません。
でも間違っていると口に出せるような社会情勢ではなかったことは確かだし、
自分のしていることは間違っていないと信じ込ませる力が戦争にはあるのだと思います。
それはナチス政権に限らず、世界中、いつの時代でも同じことなのでしょう。

”いい国をつくる”ためにパパは軍の仕事をしていますが、
”いい国”って何なんでしょう?
「友達と有刺鉄線を挟まずにキャッチボールできる国がいい国だよ」と
少年は思ったに違いありません。

救いのないラストにかなり衝撃を受けましたが、
友達のために何かしたいと思っていた少年の思いは救われたのでしょうか・・・。


*「縞模様のパジャマの少年」公式サイト

posted by hanabi666 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(1) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124460621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「縞模様のパジャマの少年」少年の無邪気さが恐ろしい事実を際立...
Excerpt: 「縞模様のパジャマの少年」★★★★ アザ・バターフィールド主演 マーク・ハーマン監督、94分、2008年、アメリカ 、イギリス                            ★映画..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-08-20 07:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。