2009年09月15日

「ココ・アヴァン・シャネル」

試写会行ってきました。

KICX4587.JPG

シャネルなんて、全く興味がありません。
そもそもデザイナーズブランドへの興味が皆無です。
でもこの映画に興味を持ったのは、コピーが印象的だったからでしょうか。

”もし翼を持たずに生まれてきたのなら、
翼を生やすためにどんなことでもしなさい”

何やら野望のニオイがプンプンします。
シャネルの持つ、(私が勝手に思うところの)ちょっとお高くとまった雰囲気とはかけ離れたイメージ。
でも業界トップを目指すデザイナーの世界なんて、結構ドロドロしているかも・・・
と興味をそそられます。

何よりサクセスストーリーは大好き。
孤児院出身の少女が世界の「シャネル」になるまでのストーリーは、
思わず作り話じゃないかと疑ってしまうほど。
まあ、多少の脚色はあるでしょうけれども。

しゃにむに努力するだけではないところが、またいい感じです。
努力して、努力して這い上がるだけなら清々しい青春映画ですが、
シャネルは他人をうまく利用してのし上がる。
自分の魅力をうまく利用した計略的なところが素敵です。

もう一つ感じたのは、シャネルはすごいということ。
女性をコルセットから解放しただけでなく、
マリンルックも黒色のファッションもすべてシャネルのアイデアとは。

100年前のストーリーなので、ドレスも帽子もフリルやら羽やら飾りがたっぷり。
そんな女性たちの中で、シャネルの服装だけは今風。
そう、私たちが普段しているような格好なんです。
現代のファッションのスタイルを作り上げたのはシャネルなんだと見せつけられました。

今年はシャネルがパリに帽子のアトリエを開いてから100年ということで、
シャネルの映画や舞台が続々登場とのこと。
いろいろな目線から見比べるのも面白そうです。
取りあえず映画「ココ・シャネル」からいってみよう!


「ココ・アヴァン・シャネル」公式サイト
オリジナル・サウンドトラック ココ・アヴァン・シャネル


posted by hanabi666 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。