2009年10月30日

「わたし出すわ」

KICX4708.JPG

「人間、身の丈にあったお金しか持っちゃいけない」
というさくら(小池栄子)のおじいちゃんの遺言が胸に染みます。

いつかは当たる宝くじ、な〜んて夢を抱いている私のような一般庶民にとって、
ぽんと大金を出してくれる摩耶(小雪)は夢のような存在です。
そう思うのは、私だけじゃないはず。

その大金でしっかり夢をかなえてしまうか、
逆に身を滅ぼすか、
またはお金では買えない夢を追い掛けるか。

夢はかなえてしまえば終わりだから
かなったらかなったで結構むなしいかもと思わなくもないですが、
その夢の先にまた違う夢があるならきっと楽しいだろうな。

私なら、家建てます。
というか、今ちょうど建てる計画をしているので、
ローンなんか組まずにキャッシュで支払っちゃいます。
もちろん、その後は楽しい楽しいマイホーム生活が待ってるさぴかぴか(新しい)

というわけで、
私なら大金を差し出されたら夢をかなえてしまうと思いますが、
やっぱり前述のおじいちゃんの遺言はぐっときます。

もともと持っている人はそんなことはないでしょうが、
持ち慣れていない人が大金を持つと、きっと狂うのでしょうね。
私なんかはもちろん持ち慣れていない方なので、
夢をかなえる以上の金額があったりしたら狂うかもしれません。

お金じゃ手に入れられない大切なものもあるよっていうことを
伝えたい映画なんだと思うのですが、
どうしても、これをするには幾らいるなあ、とか、
大金を差し出されたらどう使おう、とか、
そんな下世話なことばかり考えてしまいました。
お恥ずかしいふらふら


「わたし出すわ」公式サイト

posted by hanabi666 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。