2006年05月31日

news 訃報>今村昌平監督が死去

2度のカンヌ最高賞を受賞された、今村監督がお亡くなりになりました。
以下、記事抜粋です。


人間の業や欲望を重厚なタッチで描き、「楢山節考」と「うなぎ」で
カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)に2度輝いた
映画監督の今村昌平さんが
30日午後3時49分、転移性肝腫瘍のため
東京都渋谷区の病院で死去した。

79歳。東京都出身。
葬儀・告別式は6月6日午前10時から
東京都渋谷区西原2ノ42ノ1、代々幡斎場で。
喪主は妻昭子(あきこ)さん。葬儀委員長は俳優北村和夫さん。
後日、日本映画学校主催でお別れの会を開く。

・・・

黒沢明監督の「酔いどれ天使」を見て映画にひかれ、
1951年、松竹大船撮影所に入社。
小津安二郎監督らに師事した後、日活に移籍し、
58年「盗まれた欲情」で監督デビュー。

・・・

(共同通信)
posted by hanabi666 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

news!「かもめ食堂」フィンランドで公開

「かもめ食堂」が、
ロケ地であるフィンランドで公開されることになったそうです。

あの、のーんびりしたムードが、現地の方にも受け入れられるといいですね♪


以下、記事抜粋↓



「かもめ食堂」巣に帰る…ロケ地・フィンランドで9月公開決定!

女優・小林聡美(40)が主演しロングランヒット中の映画
「かもめ食堂」(荻上直子監督)が、
物語の舞台になったフィンランドで9月に劇場公開されることが決まった。
フィンランドでオールロケを行った同作品は、
8月下旬に行われるフィンランド最大の映画祭
「エスポ・シネ国際映画祭」でも上映される。

・・・

「かもめ食堂」は作家・群ようこさんの原作。
昨夏に1か月、全編フィンランドロケを行った。
日本人出演者は小林と片桐はいり(43)、もたいまさこ(53)の3人だけ。
小林演じる日本食堂の女主人と、
フィンランドを訪れた2人の日本人旅行客との不思議で心温まる交流を描いた。

日本では3月11日に公開され、
当初は東京、横浜の2館だけの上映だったが、
口コミで火がつき、現在は22館に拡大。
封切りから2か月以上たつが、
今後新たに34館で公開予定と、ロングランヒットを記録している。

・・・

エスポ・シネ国際映画祭と並ぶ同国の2大映画祭の一つ、
ヘルシンキ国際映画祭で昨年、
荻上監督の前作「バーバー吉野」が上映されたことや、
同国の人気俳優マルック・ベルトラが
「かもめ食堂」に出演していることも決め手になった。
posted by hanabi666 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

「ルート225」の原作を読んで

映画を観る前に、原作を読むことをオススメしたい。

ほんとの世界とは少しだけずれている世界に迷い込んでしまった事への戸惑い、
両親がいなくなってしまった事への不安、
それらを何とか受け入れようとする気持ちが、
300ページかけてしっかり書かれている。

2時間でまとめてしまった映画は、
良くまとまってはいるけれど、
ちょっとコンパクトにしすぎのような・・・。

映画では、姉弟の関係に重きを置いているように思えた。

ダイゴ(弟)の制服に落書きをした生徒への怒りをぶつけるシーンは
原作にはないものだ。

帰りの遅い姉に向かって「遅くなるなら電話くらいしてよ」と涙目になるダイゴも、
映画ならでは。


原作本も映画も違う色をしているので、どちらも見ることを勧めたいが、
映画だけでは消化不良だった私としては、
「映画の前に原作本」をオススメする。
posted by hanabi666 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ぴあテンに投票!

去年の映画の中で、皆さんのベスト3は何ですか?

1972年から続く、ぴあのエンタメ・ベストテン、
ぴあテンに参加してきました。

ベスト3を選び、100点を配分します。
もちろん、上位には高得点を。
1作品しかお気に入りがない、という場合も大丈夫。
そのベスト1に、100点つけてしまいましょう。

洋画と邦画別に、五十音索引が一覧で表示されるので、
どんな作品を観たか忘れてしまった人でも大丈夫です。

作為的にそうしたわけではないのですが、
私は3つとも邦画で投票することとなりました。
もちろん、このブログで感想をupした作品たちです。



1位 「村の写真集」

2位 「運命じゃない人」

3位 「メゾン・ド・ヒミコ」




もちろん、ほかにもたくさん素敵な作品がありましたが、
トップ3ということで、好きな作品をエントリーしてきました。

映画だけでなく、演劇、歌手、スポーツなど、
他のエンタメ分野の投票もできます。


会員登録やメルマガ登録は一切不要で、誰でも投票できます。
抽選で300名に、ぴあオリジナル図書カードももらえるそうなので、
皆さんも投票してみては如何でしょうか?
2月16日(木)10時まで受け付けています。
posted by hanabi666 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ユーロスペース始動!

ユーロスペースが来週いよいよオープンしますね!

渋谷駅からちょっと離れてしまうのは残念ですが、
その分、シネアミューズに近くなり、
ハシゴしやすくなったということで、相殺でしょうか。
「カミュなんて知らない」から鑑賞したいと思います。


前の劇場は、運営元が変わり、
シアターN渋谷としてリニューアルオープンしています。
劇場が増えて、喜ばしい限りです。


新ユーロスペースと同じビルの一階上にはシネマヴェーラ渋谷、
同ビルの下の階にQ−AXシネマ・・・、
渋谷にシネコンができましたね。

シネコンといっても、ワーナー等と違い、
上映作品にこだわりがありそうで楽しみです。



「シネマ・アンジェリカ」なんて劇場もオープン・・・と思ったら、
元シネマ・ソサエティでした。(名称変更だけ?)
posted by hanabi666 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。