2005年05月05日

「インファナル・アフェアIII 終極無間」




煩雑だ・・・。
上映中、ずっと眉間にしわを寄せいていたような気がする。
一作目の記憶がやや薄れかけているところに、
一作目の前と二作目の後のエピソードりの混成で話が進んだため、
時系列がうまく把握できない・・・。
思わず、買ったことのないプログラムを買い求めた。

一晩おいてゆっくり考えて、ようやくストーリーを自分の物にできた。(ような気がする)
なんて緻密な構成なのだろう。
最初から三部作であることを念頭に作られたというだけあって、ストーリーに隙がない。
三作も続くと、目に見えてこじつけや矛盾があってもおかしくないが、全くない。

チラシに「謎を解く15のキーワード」とあるように、
前二作を含め15の謎解きが一気に行われているわけで、
もはや単純なマフィアvs警察の物語ではなくなった。
(残念ながら鑑賞中は何が謎かも気付かず、プログラムを読んで
ようやく意味が理解できたシーンが多々・・・。)

登場人物も、「前作の方がよかったなぁ」などと言わせない、魅力的な人ばかり。
主役の二人はもちろんのこと、他の役柄も色が濃い。
有名どころが揃ってしまうと、みんな主張しすぎて訳が分からなくなりそうだが、
ほどよく反発しあって相手の魅力を倍増させている。まさに相乗効果。

今回初めて登場したレオン・ライも、主人公(トニーレオンの方)の警察学校時代と
関係があったり、一作目のトニー・レオンの腕のギブスとも関係があったり・・・。
とにかく伏線だらけです。
それでいて、謎解きに終始せず、男の世界もたっぷり描かれている。

善人になることを望み、警官として生きていく決心をしたアンディ・ラウ。
でも心は休まることがない。
精神的に追い詰められ、最後には自らの命を絶つという選択をした彼に、
安らぎはもたらされたのだろうか。

マフィアはどんなに努力しても善人にはなれないのだろうか。
また、彼が望んだ警官としての人生は、本当に安らぎを与えてくれるのだろうか。
タイトル通り「この世は地獄である」。
生きている限り、地獄から抜け出ることはないのかもしれない。

ハリウッドでのリメイクも決定し、主要キャストも明らかになってきた。
トニー・レオン(ヤン)→レオナルド・ディカプリオ、アンディ・ラウ(ラウ)→マット・デイモン、
エリック・ツァン(サム)→ジャック・ニコルソン・・・!
それぞれに魅力的な俳優さんではあるけれど、
トニー・レオン、アンディ・ラウ達以上の「インファナル・アフェア」は有り得ない、
と感じるファンは私だけではないだろう。

きっと三作セットのDVDボックスが発売されるだろうから、いちから見直そう。
新たな発見と感動があるような気がする。

*楽天レンタルで「インファナル・アフェアIII 終極無間」を借りよう


posted by hanabi666 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

「インファナル・アフェア II 無間序曲」




前作であれだけ感激したので、シリーズ物にありがちな「一作目が一番面白い」を
踏襲するかな、と思いつつも、でも例外もあるかもしれないし、という期待を抱いて鑑賞。

前作のまさに"序曲”。
一作目にも劣らぬパワーを持つストーリー展開に再び感激。
例外、あったよ。来年GW公開予定の完結編も期待でそう。
前作での感激ポイントだったハードな男社会が、十分堪能できました。

自分の想いとは裏腹に、マフィア(の下っ端)なのに警官に、警官(の卵)なのにマフィアの一味にならざるを得ない二人の青年の葛藤。
一作目で見たトニー・レオンとアンディ・ラウの人格はこうやって形成されたんだ。
そしてそれぞれの上司にあたるボスたちの若き日々。
一作目で見た2人の駆引きの原点はこうだったんだ。
等等、一作目を思い出しつつ、二つの作品をつなぎ合わせるのも楽しいものです。

そして、自分の趣向がちょっとわかった。
誰かが死んでしまうというストーリー展開があったとき、
それが恋人であってもあまり切なくないのだけれど、
同僚、上司、同性の友達、または親子関係のどちらかという時、かなり切なく感じる。
(つまり、タイタニックでは泣けないけれど、トップガンは泣ける。)
その点で、インファナル・アフェアは2作品とも切ないです。

前作でアンディ・ラウのファンになってしまったが、今度マッチョな元僧侶役で映画に出ると知り、一発で彼への興味が失せてしまった。
完結編で、シリアスなアンディ・ラウが早く観たい。


*楽天レンタルで「インファナル・アフェア II 無間序曲」を借りよう


posted by hanabi666 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。