2009年04月20日

「子供の情景」

試写会、行ってきました♪

KICX4124.JPG

見おわった後、ものすごく悲しい気分になりました。

学校に行って勉強したいアフガニスタンの少女。
学校に行くにはノートと鉛筆がいりますが、
少女はそれを持っていません。
友達のアドバイスによって、苦労してようやくノートだけは手に入れ、
やっと学校に行ける!と意気揚々。

ところが途中、
”戦争ごっこ”をする少年たちに捕らわれてしまいます。
ここ、マジで怖いです。

”ごっこ”といっていますが、そんな生ぬるいものではありません。
まだ少年なのにあんなことをするなんて。
ちょっと身震いしました。
彼らの前で大人が何をやってきたのか、反省すべきだと思います。
子どもは大人を模倣しますが、あんなことをさせてはいけない。

少女は何とか学校にたどり着きますが、そこでもまた一騒動。
ちょっとしたいたずらは何とも子どもっぽくて、
”戦争ごっこ”に比べると微笑ましいです。

でも、飛び入りした少女を受け入れようとせず、
「ノートをくれたら座らせてあげる」
と大人並みの交渉するところなどはまったくかわいげがなく、
やっぱり周りの大人がちゃんとしないと子どもはああなるんだな
と、しみじみ思いました。

そして帰りにまたまた”戦争ごっこ”に巻き込まれる少女。
もういいよ。
やめようよ。

少年たちはなかなか少女を解放してくれない。
そう、死ぬまで(正確には死んだふりをするまで)
解放してくれないのです。

「自由になりたければ、死ね!」
という友達の叫びが耳に残ったまま、
悲しい気分で映画は終わってしまいました。

子どもにあんなことをさせてはいけないです。


と思っていたら、この作品の監督がまだ19歳の女性。
以前、「ハナのアフガンノート」という作品を撮った監督でした。
この監督も、きっと辛い経験をしてきたのだろうなと思います。
まだ19歳なのにこんな悲しい映画を撮るなんて・・・。

悲しい気分になってしまいますが、
ぜひたくさんの人に観てもらいたいです。


「子供の情景」公式サイト

posted by hanabi666 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

「ウィスキー」




この映画の監督のことを「南米のアキ・カウリスマキ」と喩えた雑誌がありましたが、
まさにその通りかもしれない。
昨年の話題作「過去のない男」byカウリスマキの時もそうであったように、
最初の3分の1くらい、ぐっすり・・・眠ってしまったのです。(反省)
なので、私にはこの作品についてとやかく述べる資格はありません。

yahooのレビューなどみていると評判が良いので、とても良い作品なのだと思います。
東京国際映画祭では主演女優賞、
カンヌ国際映画祭ではオリジナル視点・国際批評家連名賞を受賞したそうなので、
世界的にも評価の高い作品のようです。

熟年の兄弟&兄の工場で働く女性の間の、
ちょっとした見栄や小さな嘘、共感、思いやり等等、
誰も口には出さないけれど、表情や行動で随所に表れる感情の揺れ。
オトナのお話。
ストーリーも俳優さんたちも、はっきりいって地味です。
でもそれがいいんだろうな。

兄も弟も靴下工場を経営していて、とても素敵な靴下が登場するのですが、
日本製のものが使われているようです。"協力”に「靴下屋」とありましたので。


*公式ホームページ
*楽天レンタルで「ウィスキー」を借りよう


posted by hanabi666 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。