2009年08月28日

「幸せはシャンソニア劇場から」

試写会行ってきました♪

KICX4565.JPG
※フランス・チェコ・ドイツ合作

とっても幸せな気分と、何ともいえないくやしさが同時に押し寄せてきました。
でも、やっぱり最後はあったかい気分になれます。
「よかったね」という言葉が素直に出てきました。

大入り満員の劇場が一夜にして廃業。
スタッフはみんな失業し、妻に逃げられた主人公は
定職がなく子どもを養う資格がないという理由で一人息子と引き離されてしまいます。

妻は紳士と再婚していました。
この妻と紳士が少々くせ者です。
二人とも決して悪人ではないのですが。
息子のためを思うと定職のない父親とは接触させたくないという思いがあるのでしょう。
父親→息子、息子→父親の手紙を隠蔽してしまいます。

母親の立場で考えれば、新しい父親と仲良くやってほしい、
新しい家族を築きたいというのは当然の思いなのでしょう。
しかしこの映画、完全に主人公の父親目線で描かれていますから、
引き裂かれた父と息子の辛さがじんじん伝わってきます。

その辛さがあるからこそ、再会の喜びもひとしおなのですが。

人生再生の物語にはいつも励まされますが、
そこに30年代のフランス独特の”色”がいい具合にデコレーションされています。
一度は閉館したものの、劇場は再び活気を取り戻し、素晴らしいショーが再開されます。
でも、すべての人がハッピーエンドにはならなかったところが
わたしが感じた”何ともいえないくやしさ”です。
そのアンハッピーさがいいスパイスになってこの映画を盛り上げているのですが・・・。



試写会会場の入り口で”サプライズゲストあり”という張り紙がしてありました。
ヨーロッパの映画なのにゲスト??
この映画を推薦する日本人タレントとかが来るのかしら?
と思っていたら、なんと主演の一人、女優のノラ・アルネゼデールさんが登壇ぴかぴか(新しい)

さっきまでスクリーンに映し出されていた美人がステージに出てきました。
背の高い、美しい方です。
なんと歌声まで披露してくださいました。
(しかもアカペラ!)

そしてもう一人、この「幸せはシャンソニア劇場から」の虜になったという假屋崎省吾さんも登壇。
あまりに好きすぎて、一週間毎日観たそうです。
それはちょっと観すぎちゃうんって思いますが、假屋崎さんの気持ち、分からなくもないです。


*「幸せはシャンソニア劇場から」公式サイト

posted by hanabi666 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

索引、修正しました

ようやく索引ページのリンクを修正しました!

前に使っていたAOLのページのままで、うまくリンクしていないままかれこれ1年近くほったらかしにしてました・・・たらーっ(汗)

これで、ちゃんとこのサイトのページにうまくリンクしますのでよかったら使ってやってください。

次は画像を修正するぞ!

posted by hanabi666 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

「そんな彼なら捨てちゃえば?」

KICX4449.JPG

原題は「彼はあなたに興味がない」だそうです。
原題の方が内容に合っているような気もしますが、
直訳だと愛想がないんでしょうね。

”ガールズ・トーク・ムービー”というだけあって、
雑誌の恋愛コーナーがそのまま映画になったような感じです。

「彼はあなたのことが好きだから、あなたにちょっかいを出すのよ」
ここから女の子の勘違いはスタートするということで、
女子たちの勘違いを男子の目線で次々と突き崩していきます。

あんなラブラブなカップルも、こんな幸せな結婚をした夫婦もすべては例外で、
そんなメデタイことは普通はないんだよといいつつ、
最後はやっぱり自分もハッピーになってしまう。

もちろん”例外的”に。

この映画を観て、たくさんの女子が「自分もいつかはハッピーになれるんだわ」
と妄想にふけるのでしょう。
男子の目線をふんだんに取れ入れていても、やっぱり”ガールズ・トーク・ムービー”。
女の子のための映画です。


*「そんな彼なら捨てちゃえば?」公式サイト

posted by hanabi666 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「縞模様のパジャマの少年」

KICX4506.JPG

衝撃的だ。

見終わった後、椅子に縛り付けられたかのように動くことができなかった。

涙が止まらないような悲しさではない。
でも、スクリーンから目が離せない。


子どもが主演の映画で、かつ戦争ものということで、
泣く準備はしていた。
「ブラス!」と同じ監督だから、
ナチスをテーマにしているとはいえ少しは温かい雰囲気もあるかと思っていた。

どちらも、見事に裏切られた。

自分の目で見る事実と、それとは違う周りの大人からの洗脳の間で苦しむ少年。
でも、最後は自分の目を信じて少年は動きます。

反対に、目の前の事実を見ようとせず、
ナチス政権を信じて疑わない大人たち。
自分たち正義と思い込んでやってきたことが本当に正しかったのか、
少年の行動によって思い知らせれることでしょう。

偏った思想におぼれつつ、もしかしたら薄々、自分がしていることは
間違っているのではないかと感じていたのかもしれません。
でも間違っていると口に出せるような社会情勢ではなかったことは確かだし、
自分のしていることは間違っていないと信じ込ませる力が戦争にはあるのだと思います。
それはナチス政権に限らず、世界中、いつの時代でも同じことなのでしょう。

”いい国をつくる”ためにパパは軍の仕事をしていますが、
”いい国”って何なんでしょう?
「友達と有刺鉄線を挟まずにキャッチボールできる国がいい国だよ」と
少年は思ったに違いありません。

救いのないラストにかなり衝撃を受けましたが、
友達のために何かしたいと思っていた少年の思いは救われたのでしょうか・・・。


*「縞模様のパジャマの少年」公式サイト

posted by hanabi666 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(1) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

「未来の食卓」

KICX4459.JPG

もうマックなんて食べられない・・・。

マックだけではありません。
観終わった後、食事をしようにも、どの店にも入る気がしないのです。
うろうろしていたらそのうちものすごくお腹が空いて、結局ファミレスに入ったのですがたらーっ(汗)

いや、でも、今までスーパーで買い物するにしても
”有機野菜”はちょっとお値段がいいので避けて通っていましたが、
これからは素通りはできない感じです。

牛肉も、焼いてしまえばどこの国のものでも一緒!
なんて思っていましたが、やっぱり国産かしら。

それより何より、うちに庭があれば、すぐにでもこんなことしちゃうのに↓

映画『未来の食卓』

と、思わずにはいられない映画です。

少なくとも、冷凍パスタの買い置きはやめようと思いました。


*「未来の食卓」公式サイト

posted by hanabi666 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。