2009年02月04日

「ホルテンさんのはじめての冒険」

KICX3938.JPG

試写会が当選しまして、「ホルテンさんのはじめての冒険」を観てきました。
ノルウェー映画ということで、なんと、会場はノルウェー大使館

大使館の方いはく、領地というのはその国のものだそうです。
つまり、私はビザなしでノルウェーに行ったことになるexclamation

大使館の中はアイボリー調の壁がとても柔らかな印象をかもしだしていて、とてもきれいでした。
ただ・・・、映画館ではないので会場は小さく、スクリーンまでの距離がやや近いため、スクリーンを見上げる感じでした。

でも大使館に入ったのは初めてだったので、貴重な経験ができましたぴかぴか(新しい)

さて、映画ですが、大使館の方は「鉄道ファンにはたまらないらしいです」「映画を観たらノルウェーに行きたくなるかも」とおっしゃっていましたが、う〜ん・・・。
鉄道ファンではないので特に”たまらない”ということはなかったですし、冬の設定で街は一面雪で空は暗く・・・。
残念ながら「ノルウェーに行きたい!!!」とは思いませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

主人公ホルテンさんは、実直で勤勉な方のようです。
(恐らく)仕事一筋だったホルテンさんが、定年退職を迎え、これまでやったことのないことに挑戦し、これまで出会ったことのない人々に出会います。

仕事一筋の男の人が退職すると、きっとこんな感じなのでしょう。
うちの父も、趣味一つない仕事人間でした。
退職後はそれなりに趣味も見つけて楽しんでいるようですが、最初は戸惑ったと思います。

ホルテンさんも、その戸惑いが服装に表れていました。
鉄道機関士という仕事柄、制服に制帽、肩には肩章。
最初は、もう退職しているのにその出で立ちのままで行動していました。
しばらくして帽子をかぶらなくなり、またしばらくして肩章をはずし、最後にようやくセーター&ズボンという格好になったときには、ああ、これでホルテンさんも仕事から解放されたんだなという感じでした。

色合いとしては暗めの印象作品で、特別な盛り上がりを見せるようなシーンもないですが、随所に細かいユーモアが散りばめられていて、なぜか楽しめました。
ホルテンさん、これからも退職後の生活をエンジョイして欲しいです。


「ホルテンさんのはじめての冒険」公式サイト映画はこちらから


posted by hanabi666 at 10:25| Comment(1) | TrackBack(12) | その他ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

「カンフー・パンダ」




最近のテレビドラマ「ルーキーズ」もそうですが、
弱い人・チームが、特訓や修行を通して強くなるというストーリー、
大好きです♪

 *ほかの、”特訓→強くなる”系作品↓
   「フライ,ダディ,フライ」
   「ダンサーの純情」
    「強い」とはちょっと違いますが、特訓でダンスが「上手く」なります。

たっぷりお腹のパンダ、ポーが、
師匠シーフーの、”ちょっぴり特別な”特訓を受けてどんどん強くなり、
最後は長年師匠の元で修行した愛弟子たちよりも強くなってしまいます。
人間(いや、パンダ)、好きなモノのためなら頑張ってしまうんですね。

でも、不思議なことに、”見るからに強そうな感じ”はしません。
あの愛くるしい体型のため? それとも、ポーのキャラクターのため?
すっごく強くなっているはずなのに、おかしいなあ。
あの”ぷよぷよ””ぼよよん”お腹のせいだわ、きっと。

ジャック・ブラック、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョリー
といった、豪華、声優陣も話題ですね。
(やっぱり、映画は字幕でしょう。)

少し残念だったのは、修行シーンが少なかったこと。
前後の話もあるので仕方がないけれど、
個人的には、強くなる過程がもう少し見たかったかな。


「カンフー・パンダ」公式サイト →http://www.kungfupandainternational.com/intl/jp/
壁紙やスクリーンセーバーはもちろん、
PDFで各キャラクターの”ぬり絵”がダウンロードできます。
posted by hanabi666 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー追加しました



国別の一番下(索引の上)に、「アニメ」を新設しました。

ま、あんまり数は出ないと思いますが、
この前観た「カンフー・パンダ」をアメリカに分類するのに
なんだか抵抗があったもので。
posted by hanabi666 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

news!「肥満防止でファストフード出店禁止へ 米ロサンゼルス」



ロスで1年間、ファーストフードの新規出店を禁止する条例が可決されたそうです。
理由は、「住民の肥満が目立つから」・・・なんともアメリカン!

「スーパーサイズ・ミー」を彷彿とさせるニュースです。

以下、8月21日10時23分配信の産経新聞より。


肥満防止のためにファストフード店の新規出店を1年間禁止する条例案が
ロサンゼルス市議会で可決され、論議を呼んでいる。
同様の措置を求める動きは他都市にも波及しつつあり、
レストラン業界団体は「ファストフード店だけが肥満の原因ではない」と、
条例化を阻止する構えだ。

ロサンゼルス市議会で20日までに可決された条例案は、
低所得者が多い南ロサンゼルス地区で住民の肥満が目立つことを受け、
同地区へのファストフード店の新規出店を1年間禁止するというものだ。
市議会では先月末に全会一致で可決され、現在市長の署名待ちとなっている。

特定の形態の飲食店を禁止する条例は全米でも初めてとみられる。
ロス市当局の調査によると、南ロサンゼルス地区の成人の肥満者率は30%、
同地区の飲食店に占めるファストフード店の割合は73%と、
いずれも市内の平均を大きく上回っている。

同様のファストフード店出店禁止条例案は
カリフォルニア州のサンノゼ市議会でも提案されており、
他都市にも広がりつつある。
これに対し、全米レストラン協会は
「肥満の原因は複合的で、ファストフード店だけが標的にされるのは不公平」
と反発している。

肥満者の増加は米国で大きな社会問題となっている。
米市民団体「アメリカの健康への信頼」(本部ワシントン)の調査では、
成人人口の3分の2が太り気味か、肥満とみられている。
1980年には、全米の肥満者率は15%に過ぎず、
91年の段階でも20%を超える州はなかったが、
現在では、28州で肥満者率が25%を超えているという。


posted by hanabi666 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

「たみおのしあわせ」



「結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる
 −ソクラテス」

・・・深いですねー。

結婚前の女性としては、”お姫様”的妄想とまではいかずとも、
少なからず結婚に対して期待するところがあるものです。
特に一人暮らし歴が長ければ長いほど、だと思うのですが、
私が思うところの結婚の主なメリットはこんな感じです。

 ・ご飯を食べるときに相手がいる
 ・決め事を相談する相手が身近にいる
 ・病気になったときに心細くない
 ・マッサージしてもらえる
 ・家に帰ったとき明かりがついている

でも、もちろん独身生活のメリットも大きいわけで。

 ・休日、いつまでも寝ていられる
 ・好きな時間にご飯を食べてよい
 ・一人静かに考え事ができる
 ・食事メニュー自由自在
 ・テレビ独占

月並みですが、独身に比べて、結婚は自由度が低くなる変わりに、
安らぎを手に入れられるといったところでしょうか。

さて、あなたは、どちらを選ぶでしょう?
今の年齢によっても、若干、考え方が違うのではないでしょうか。
20代半ばくらいまでは独身のメリットを強く感じるでしょうし、
30代半ばになると結婚のメリットが独身メリットを上回りそうです。

特に老後を想像すると、どうも独りでは寂しい感じがしてなりません。
不景気でも収入が少なくても、誰かと一緒ならひもじさ半分、
逆に嬉しいことがあれば嬉しさ倍増というところでしょうか。

でも、結婚したからといって前述の項目がすべて手にはいるとは限らないわけで、
例えばデメリットがメリットを上回ってしまうリスクは当然あるわけです。

 ・実は、とんでもなく亭主関白
 ・実は、食べ物の好き嫌いが多い
 ・実は、マザコン
 ・実は、金遣いがあらい
 ・実は・・・・・etc

吉と出るか凶と出るか、ギャンブルみたいですね。
こうなったら、どこまで許容できるかが勝負です。

でも、じゃあ今が100%幸せかというと、そうでもない。
人間、不可能とわかっていても100%に近づきたいと思うわけで。
少しでも100%に近づく可能性があるならば、結婚に賭けてみようではないか。
って、ますますギャンブルめいてきた・・・。

こう考えると、幸せを手に入れるのはなかなか難しそうです。
なんといっても、予測不能な項目が多すぎます。
自分のこともいまいち予測できないのに、他人のことなんて、ねぇ。

でもまあ、何が起こるかわからないスリルを味わってみる勇気があれば、
”結婚”によって、人生は少し幸せの方向に向かうような・・・気がしませんか?

結婚しても、しなくても、どのみち後悔するならば、
せずにいろいろ想像するよりも、
してみて後悔してしまう方が私的にはスッキリしそうです。
たみお君は・・・どうなんでしょう。


*「たみおのしあわせ」公式サイト*
posted by hanabi666 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。